インナーチャイルドを癒すわけ② ~創造の生き方へ

インナーチャイルドセラピー

インナーチャイルドを癒すことは創造への生き方へシフトすること。

「原因と結果の法則」とよく言われますが、結果は原因の行動から生み出されます。
顕在意識と潜在意識の仕組みを理解すると、行動は潜在意識が納得する行動や習慣。

インナーチャイルドセラピーも前世退行セラピーも、結果(問題)のせい(責任)にするわけではなく、結果の背景(感情・信念)を適切にとらえて、潜在意識下の感情(主にネガティブな感情)に目を向け癒し、また信念を書き換えていくセラピーです。

今の現実(結果)はご自身の意志が弱いからではなく、一生懸命、こころ・・・負の感情や信念を持ち続けることにパワーを使っているという場合があります。

ご自身でも気づいていないネガティブな感情を抱えていることは、特別なことではありません。

人間関係は感情ありきといってもおかしくなく・・・わたしたちはその中で生活しています。

昨日の自分もインナーチャイルドになりえます。

それを持ち続けることを選択をしていると、「気づいて~」と何度でも同じような結果、同じような問題を気づくまでみせてくれますね。気づくまで^^

ネガティブな感情に目を向けてあげることは、ただ単に垂れ流すことと同じではありません。

ネガティブな感情も大切に扱いながら、意志と心が揃い、納得する形で育んでいくことです。

育み人生を創造していく。

あなたの未来をより良いものに変えていける、創造の生き方へシフトする、あなた自身を信じてくださいね。

 

インナーチャイルドを癒すわけ①→こちらです