astorology日々 ヨウコソ宙
日々 ヨウコソ宙

獅子座下弦の月「突然の変化は…刷新のためのもの」

日々 ヨウコソ宙

下弦の月は…

進んできた道の扉が閉まり、古い空間エネルギーが切り離される時期

人間関係、ココロ、身体、あらゆるものが、古くなったものを手放し、ココロ新たに次のステージに向かうために前進を促されます。

そして獅子座のテーマは「わたしは生きる」「わたしは創造する」

( ※船橋市カフェ「オリーブの木」さんで星座の地球儀を見つけました^ ^)

11月20日6:11 獅子座で下弦の月を迎えました。

主体的に進むための次の一手を促されます。

火星と天王星が向き合っていており

天王星は刷新することで新しいものをもたらそうとします。

突発的な変化…それを受け入れていく過程でバタバタすることもあろうかとは思いますが、その変化を受け入れてゆくことで未来の新しさを生みだそうとします。

今まで当たり前だと思っていた、揺るがなかった持ち続けていた考えや行動に変化がある可能性が高いのです。

それは

少しバタバタすることもあろうかとは思いますが

受け入れていく、「今だ」と踏み出していくことで

より自身にフィットした服に着替えていく…そんなイメージなのだろうと感じています。

(もちろん見送ることは自由なのですが)

下弦の月であることから

その変化は古いものからの切り離しと刷新なのだととれるのです。

わたしはといえば、興味を共にする人との深い会話、また新しい出会いや、逆に古いつながりの中での再会から変化を促され、自身に集中していく時間が増えています。

同時に二人の子供たちもいま興味を持っていることに夢中の様子です。

つくづく親と子はリンクしていると…しみじみと。

このタイミングでヒプノセラピーや占星術の本を改めて読んだりしてみようと思っています。

この変化は12月上旬まで続きそうですね。

そしていよいよ12月3日には木星が山羊座に移行します。この頃から、天体がぐんぐん山羊座に集まってきます。

成熟志向へ(木星山羊座の一年→

Category : 日々 ヨウコソ宙
ブログ一覧へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。