心の居場所を穏やかにしながら問題を解消してゆく占いセラピー 笑いと彩のある人生にする占いラボ・心の家

colorful-lifeいろどりの暮らし
いろどりの暮らし

万年筆と優位感覚の話。

いろどりの暮らし

すごく変な話ですが…わたし文章を読むのが下手で。本を読むのも、たぶん、普通の人の倍以上かかったり読み終えないこともあります。考える<感じる、です。

そんなこんなで、わたしの周りには同じく感覚派の方が多いですし、同時にとても思考型のいわゆる頭のいいやよく考える方も多いです。人は一人では生きていない、と言うことを考えると…それが自然なことのような気がします。クライアントさんもプライベートもそのような方が多いです。自然とそうなってきています。

なぜ?こんなに頭のいい方(冷静頭がキレる方)がいるんだろう、すごいなと思うし、それって悩みだったりするんだな、と思うこともあったり。
その中でその人との違いを感じたり共感したり、わたしも考えることになったり

同じように感覚派でとてもアーティスティックなアーティスト肌の方がいたり

耳で聞いたり聴いたりするのが好きで得意なのは小さい頃。音楽も好き。好きゆえにトラウマも耳に多かったです。そしてトラウマが抜けてきて、耳で聴く、というのがだんだんと習慣になってきました。それをとても意識するようになりました。そのうち目で観るのは補助的になりました。

そうなってくると、おもしろいのは、二度目にお会いするクライアントさんでも、顔では思い出せなくて。声で思い出すんですよね。多少のトーンは違うんですよ。その時その時で。

と言うことでわたしの優位感覚は聴覚と体感覚。
師匠が言うには。優位感覚はその時々で変わることもあるようですよ。

質感の違い、その好み。万年筆が好き。

なんと、プレゼントいただきました。ほんと、嬉しいです。

持った時の重みにジーンとして、書くとなんとも言えない、感触

インクの色は、写真ではわかりづらいけれど、ブルーブラックのインク。早速ペンケースに(^^)

万年筆は使うとその人の筆圧に馴染んでいくそう…。とても楽しみです。

Category : いろどりの暮らし
ブログ一覧へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。