心の居場所を穏やかにしながら問題を解消してゆく占いセラピー 笑いと彩のある人生にする占いラボ・心の家

fortune-telling占星術・タロットのコラム
占星術・タロットのコラム

〔タロット語り〕ペンタクルⅢ 専門性の協力態勢でつながること

占星術・タロットのコラム

おはようございます。占い師でセラピストのたにおようこです。

コロナの自粛が解除される方向ですね。自粛解除も環境の変化であることは間違いなくて、そこに対応する中でのあれこれもあるなぁと感じます。わたし自身それを感じています。子供たちの学校がはじまり…わたしがそれに順応というか、ある意味…リハビリ的になっています笑

さて、初めての〔タロットコラム〕です。カードのことについて徒然に書いていこうと思います

いろんな協力態勢によって、道が開かれることってありますよね。

適切な協力関係につながると、運は運ばれはじめますし、相互依存(相互依存とは 相互依存とは、それぞれがしっかりと自立ができているうえで、状況によっては、お互いに依存し合うこともできる関係性)の状態にあること、もしくはそれを目指すと人生の風通しがよくなることが多いです。

タロットを引いている中で、最近よく出るかーどで、相互依存を表すのは…もしくは相互依存に向かう時によく出てくるカードはいくつかありますが、その中の一つはこちらだと思います。

ペンタクル Ⅲ

星のマークのペンタクルは占星術でいうところの「地」の要素。着実性や価値、価値観、またお金を表すこともあります。

建物の下で計画書を持って二人が話し合っている…計画書にライトのようなものを当てて手にしている紙を照らしている情景ですよね(右から2番目の男性はフランシスコザビエルみたいですよね)。建設的な何かを創り出すための話し合いとその環境…!

3人集まって相談といえば、文殊の知恵を思い出しますねぇ。

このカードが出る時は、もちろんケースバイケースだけれど、今、相互依存の状態?と訊ねたり

もしそうではないにしろ、今なんらか相互依存に向かっているのかも…その辺りで何か引っかかるものがあるならば、それを風通しの良いものにしていくにはどうしたらいいのだろう?と多角的に訊ねることで開運していったり

もちろんそこにもそれぞれの多様性がある、と捉えています。

* * * * *

わたしもいま考えているのはやってみたいのは専門性のシェアです。

必要に応じて専門性のある方とつながる・つなげること、ご紹介することのイメージを持ちはじめています。もちろんそれを受け取るも受け取らないも、事情やタイミングがあるとは思いますが。

そんなこんなで…双方にお繋ぎしたい協力ができるように、またそんな未来があるかも…と、そんな目線でお会いする方との時間を過ごすよつになりました。専門性の話になるととても面白いですね。その方の人生がにじみ出て素敵だなぁと感じます。

以上、相互依存の話、ペンタクルⅢのコラムでした

きっと、本日もステキな一日です☆

Category : 占星術・タロットのコラム
ブログ一覧へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。