心の居場所を穏やかにしながら問題を解消してゆく占いセラピー 笑いと彩のある人生にする占いラボ・心の家

sinri心理・こころの仕組み
心理・こころの仕組み

出会いや別れのエチュードからあなたは何を見つけるのか 〜投影と心のスペクタル

心理・こころの仕組み

今まで感じたことのないと思われる心や気持ちに
いや…本当の深い意味では感じたことがあるのだが
とても不安なことだったりする

そして人の今の気持ちはひとつ…とは限らない
そして誰にでも言える話ばかりでもない

現代の日常は情報社会で、ともすると孤立した世の中で
日常の生活を保つのに心のスペクタルから目を逸らしがち
そうしてやっと生きれるのが今の世の中の大半なのかもしれない

葛藤や矛盾する気持ち
本当はしてあげたかったこと…したいのにできないこと、できなかったこと
その全てがもともとあなたの中にある豊かな心のスペクトルで

しかし現代では複雑な感情や思いに触れるのはまるで濁流のようで
本来感情を感じるというのは…後回しにしがちだし、しかし人はそれに触れたくなるのかもしれない。
なぜなら、それが自分であるから



一つ一つを掬い上げるたびに
例えそれがネガティブ(と思鋳込んでいる)感情だとしても

濁流であるが故に、普段の生活の中では
何かに一生懸命取り組み、その時間はその濁流は片隅に…
何かのきっかけで濁流が湧き上がって来たこともあるのではないかとか
(そして、その大きさは人と比べられるものではないこと)

その濁流に飛び込むのは、まだ見ぬ心のスペクトルに出会うことだが、人は触れたことのないものを恐れる(という人の防衛機能)のかもしれないが、それはいつでもとても豊かだ

しかしそれに触れた時、そこにあるのはあなたの人生の深みそのものなのだ。間違いなく、私が触れたことのある、あなたの心のホログラムは一つ残らず、その人の人生の深さ。

この世界は自分の心が上映する、投影とスペクトルのフラクタルなのだ

花弁1枚1枚をまるで確認するかのように

ある気持ちは、ちょっぴり心をきゅっとさせていたりすることもあるし
ある気持ちは、誰かへの想いが形を変えたものであったり

どんな気持ちであれ
例えそれがネガティブ(だと感じる)気持ちでさえ

大切な心で、その人のスペクトル

むしろネガティブだと思われるものこそ
実はその人の想いの深さであった


命の大切さを知る人の命への想いのスペクトル

人生にはさまざまな選択がある

選択に期限を迫られることもある

簡単に割り切れない選択もある

あなたの心のスペクトルの中に何を見て進んでいくのだろう

Category : 心理・こころの仕組み
ブログ一覧へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。