心の居場所を穏やかにしながら問題を解消してゆく占いセラピー 笑いと彩のある人生にする占いラボ・心の家

fortune-telling占星術・タロットのコラム
占星術・タロットのコラム

〔月コラム〕10月〜12月のざっくりテーマ

占星術・タロットのコラム

ずいぶん涼しくなってきましたね。

おはようございます。
季節の変わり目ですが
お身体お変わりないですか?

先日たずねた茨城水戸、大洗磯町神社の木



時々月の巡りという表現を使いますが、月の巡りとは本来の旧暦の巡りです。

私たちはいま主に新暦を使っていますが、「仲秋の名月」のように月の満ち欠けに関連するようなものは名残りとなります。

あ、もうすぐ仲秋の名月ですね。今年は10月1日が中秋の名月です。


それは言い換えると種をまき、水をやり、実が成り、収穫し、土を耕し、また種をまく…
というサイクル



それは人のホロスコープ(占星術盤面)でみると人生の創造してゆくサイクルで個人の生年月日から月のテーマはそれぞれの方に、より細かくなりますが

今日は月毎のテーマを10月〜12月のテーマ


《10月》契約、交渉、協力関係
バランス、交渉や契約、協力関係にパワーを与える期間。契約ごと、交渉ごとを進め、またひとりでできないことを他の人と取り組む10月です。誰としていくか、がキーポイント

《11月》変化と探求
変化や探求にパワーをくれる期間。深くのめり込むこと、また探求したいことを掘り下げ、次のステージへの変化に対応できるようにしておきましょう。

《12月》未来のビジョンと準備
未来のビジョンにパワーを与えてくれる12月は、1年を振り返り、うまくいっていない部分への解決策を導き出し、未来を見据え、次のステージへ行く準備をするとよいです。





月の満ち欠けを知識として知らなくても
私たちは自然とその響きを感じています。

新月や満月に出産が多いというデータもありますからね。

この自然のサイクル、響きを意識的に知ること、種を撒き、水をやり、収穫し、田畑を整えて‥というリズムに乗れば、心も体も宇宙と一つとなる生活に整います。普遍の叡智です。

ぜひ参考にしてくださいね。

Category : 占星術・タロットのコラム
ブログ一覧へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。